原著/英文総説

  • 132. Itai S, Kato Y*, et al,.
    (*corresponding author)


    47-mG2a論文

    submit
  • 128. Kaneko MK, Kato Y*, et al,.
    (*corresponding author)


    Development of an Anti-HER2 Monoclonal Antibody H2Mab-139 Against Colon Cancer.

    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 2018
  • 131. LpMab-23の論文

    submit
  • 130. TMab-6の論文

    major revision
  • 129. 構造解析関連の論文

    major revision

*大型プロジェクト:2012年8月から創薬PF開始。同年10月から地域イノベ開始(加藤が教授に着任)。2013年4月から東北大学に異動。2014年10月から革新的バイオ開始。2016年9月から糖鎖創薬開始。同年9月から橋渡し(研究シーズB)開始。2017年4月からNICHeプロジェクト、創薬ライフサインス、抗体創薬共同研究講座開始。

*PubMed(加藤の2003年以降の業績)

*Google scholar(加藤)

*創薬LSの謝辞入り文献

*PDISの謝辞入り文献

*革新的バイオの謝辞入り文献

*糖鎖創薬の謝辞入り文献

*橋渡し研究の謝辞入り文献

*東大医科研共同研究員の謝辞入り文献

*阪大蛋白研共同研究員の謝辞入り文献

*sonyのflow cytometryを使用した文献

*創薬プラットフォーム事業の成果(謝辞に記載)にはPDISと記載しています。

*参考:インパクトファクター1