先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業

  • 先端バイオ

    代表研究者:東北大学 加藤幸成
    2019年度~2023年度

  • 先端バイオの論文

    先端バイオの謝辞記載(課題番号:JP19am0401013)のある論文一覧
    *in press ~ online掲載論文については、抗体創薬研究分野の業績参照。

  • 革新バイオ

    先端バイオは革新バイオ(平成24-30年度)の後継プロジェクトです。





  • トピックス
  • 2019/11/15(金)

    PMab-241の論文がPubMedに掲載。

    Takei J, Yamada S, Konnai S, Ishinazaka T, Shimozuru M, Kaneko MK, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0038, 2019 (PDF)

  • 2019/11/14(木)

    PMab-241の論文がMABに掲載されました。

    Junko Takei, Shinji Yamada, Satoru Konnai, Tsuyoshi Ishinazaka, Michito Shimozuru, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0038, 2019 (PDF)

  • 2019/11/11(月)

    12月2日のキックオフの日程変更連絡あり。

    アジェンダ(案)
    12:30 開場
    17:00- 閉会の辞・交流会 (18:30終了予定)

  • 2019/11/5(火)

    写真を撮り直し、支援チームに差し替えを依頼しました。

  • 2019/11/3(日)

    12月2日のキックオフ兼研究者交流会(12/2@よみうり大手町ホール)の資料(要旨と写真)を提出しました。

  • 2019/10/31(木)

    PMab-210のエピトープ解析の論文がPubMedに掲載されました。

    Kaneko MK, Sayama Y, Sano M, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    The Epitope of PMab-210 is Located in Platelet Aggregation-Stimulating Domain-3 of Pig Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0037, 2019 (PDF)

  • 2019/10/31(木)

    PMab-210のエピトープ解析の論文がMABに掲載されました。

    Mika K. Kaneko, Yusuke Sayama, Masato Sano, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    The Epitope of PMab-210 is Located in Platelet Aggregation-Stimulating Domain-3 of Pig Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0037, 2019 (PDF)

  • 2019/10/23(水)

    PubMed掲載。

    Kato Y, Sayama Y, Sano M, Kaneko MK.
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0034, 2019 (PDF)

  • 2019/10/23(水)

    MAB掲載。

    Yukinari Kato*, Yusuke Sayama, Masato Sano, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0034, 2019 (PDF)

  • 2019/10/18(金)

    PMab-233のエピトープ解析の論文がMABに掲載。

    Masato Sano, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    Epitope Mapping of Monoclonal Antibody PMab-233 Against Tasmanian Devil Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., , DOI: 10.1089/mab.2019.0032, 2019 (PDF)

  • 2019/10/16(水)

    PMab-241の続報がMABにアクセプトされました。2019年の40報目を達成しました。先端バイオにおける成果(謝辞記載)の5報目です。

    Junko Takei, Shinji Yamada, Satoru Konnai, Tsuyoshi Ishinazaka, Michito Shimozuru, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 10/15/2019

    先端バイオのサイトビジットが無事に終わりました。良い議論ができました。先端バイオにおける(あるいはAMEDにおける)導出の定義がどうなるかがポイントのようです。

  • 10/12/2019

    早速、先端バイオの成果として4報を登録しました。次々に成果を出していきます。論文には、課題番号のJP19am0401013を謝辞に記載しています。

    Mika K. Kaneko, Yusuke Sayama, Masato Sano, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    The Epitope of PMab-210 is Located in Platelet Aggregation-Stimulating Domain-3 of Pig Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

    Yukinari Kato*, Yusuke Sayama, Masato Sano, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

    Masato Sano, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    Epitope Mapping of Monoclonal Antibody PMab-233 Against Tasmanian Devil Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

    Yusuke Sayama, Masato Sano, Yoshikazu Furusawa, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    Epitope Mapping of PMab-225 an Anti-Alpaca Podoplanin Monoclonal Antibody using Flow Cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 10/1/2019

    本日より事業開始。

  • 09/26/2019

    AMEDのサイトビジットが10月15日(火)午後1時〜2時に再度変更。この日の午後は、念のためにすべてあけておきます。

  • 09/24/2019

    AMEDのサイトビジットが10月15日(火)15:30~17:00に変更。

  • 09/21/2019

    AMEDのサイトビジットが10月15日(火)午後1時半〜3時に決定。

  • 09/07/2019

    キックオフミーティングが12月2日(月)に決定。

  • 09/07/2019

    代表研究者:東北大学 加藤幸成
    2019年度~2023年度

    先端的医薬品等開発における我が国の国際競争力を確保するためには、アカデミアの優れた技術シーズを用いて革新的な基盤技術を開発し、企業における創薬につなげていくことが必要となります。 そこで、本事業では、遺伝子導入技術(遺伝子治療、免疫細胞療法など)、遺伝子発現制御技術(ゲノム編集、核酸医薬など)、バイオ医薬品(抗体、糖鎖修飾ペプチド、中分子など)の高機能化や、創薬周辺基盤技術(ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)、効果・安全性評価、イメージングなど)を開発するとともに、それら要素技術の組合せ、最適化によるバイオ医薬品等に関する強固な技術基盤を形成し、企業導出を目指します。 また、本事業の研究開発課題の推進にあたり、プログラムスーパーバイザー、プログラムオフィサー等の指示の下、本事業を機動的かつ円滑に運営するために必要なスキームの確立も目指します。

    AMEDのホームページにて、採択者の発表。