先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業

  • 先端バイオ

    代表研究者:東北大学 加藤幸成
    2019年度~2023年度
    課題名:難治性がんを標的とした先端的がん特異的抗体創製基盤技術開発とその医療応用

    抗体医薬品は、CD20やHER2等を標的としてがん治療に実用化され、バイオ医薬品の中心となっています。一方、固形がんを標的とする場合には、naked抗体だけでは抗腫瘍効果が小さいことや、悪性中皮腫や膵がんなどの難治性がんに対して未だに有効な抗体を取得できないことなど、様々な課題が存在します。そのため、抗体薬物複合体(ADC)やキメラ型抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法などの抗腫瘍効果の高いモダリティが盛んに開発されつつあり、ヒト抗体作製技術や抗体の小分子化等の最適化研究の競争も激化しています。また、がん細胞だけに高発現する標的分子が枯渇した現状を踏まえ、安全性を確認済みの既存標的に対して抗腫瘍効果のより高い抗体医薬やモダリティの創製が世界的に進められています。我々はこれまで、乳がんや肺がんを対象に、がん組織にのみ結合するがん特異的抗体の作製技術を開発してきました。本課題では、難治性がんに対する副作用のない抗体医薬開発を最重要課題とし、ADCやCAR-Tに最適かつ安全に使用できるがん特異的抗体創製のための基盤技術開発を行っていきます。

  • 先端バイオの論文

    先端バイオの謝辞記載(課題番号:JP19am0401013)のある論文一覧
    *in press ~ online掲載論文については、抗体創薬研究分野の業績参照。

  • 革新バイオ

    先端バイオは革新バイオ(平成24-30年度)の後継プロジェクトです。





  • トピックス
  • 2020/2/20(木)

    MABにアクセプトされました。鹿児島大学、微化研との共同研究です。

    Yukinari Kato*, Yuji Ito, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Takuro Nakamura, Yusuke Sayama, Masato Sano, Teizo Asano, Miyuki Yanaka, Saki Okamoto, Saori Handa, Yu Komatsu, Junko Takei, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Antibody–drug conjugates using mouse–canine chimeric anti-dog podoplanin antibody exerts antitumor activity in a mouse xenograft model
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 2020/2/19(水)

    2報の論文がMAB2月号に掲載されました。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 39(1):17-22, https://doi.org/10.1089/mab.2019.0045, 2020, (PDF)

    Sano M, Kaneko MK, Suzuki H, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    Establishment and Epitope Mapping of Anti-Diacylglycerol Kinase Alpha Monoclonal Antibody DaMab-8 for immunohistochemical analyses
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 39(1):1-5, doi: 10.1089/mab.2019.0004.(PDF)

  • 2020/2/10(月)

    EMab-17の論文が掲載されました。

    Junko Takei, Mika K. Kaneko, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Hiroyuki Harada, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    A novel anti-EGFR monoclonal antibody (EMab-17) exerts antitumor activity against oral squamous cell carcinomas via antibody-dependent cellular cytotoxicity and complement-dependent cytotoxicity
    Oncology Letters, https://doi.org/10.3892/ol.2020.11384, 2020, (PDF)

  • 2020/1/15(水)

    PMab-237_epitopeの論文がPubMedに掲載されました。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020 Jan 14. doi: 10.1089/mab.2019.0045. [Epub ahead of print] (PDF)

  • 2020/1/15(水)

    PMab-237_epitopeの論文がMABに掲載されました。open accessです。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0045, 2020, (PDF)

  • 2020/1/8(水)

    EMab-17の論文がOncology Lettersにアクセプトされました。

    Junko Takei, Mika K. Kaneko, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Hiroyuki Harada, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    A novel anti-EGFR monoclonal antibody (EMab-17) exerts antitumor activity against oral squamous cell carcinomas via antibody-dependent cellular cytotoxicity and complement-dependent cytotoxicity
    Oncology Letters, 2020

  • 2020/1/3(金)

    抗体バンクを更新しました。

     以下の順序に並べ直しています。
    抗ATRX抗体/ 抗CD44抗体/ 抗CD133抗体/ 抗DGK抗体/ 抗EGFR抗体/ 抗HER2抗体/ 抗IDH抗体/ 抗PD-L1抗体/ 抗podocalyxin抗体/ 抗podoplanin抗体/ 抗Tag抗体/ 抗TERT抗体

  • 2020/1/1(水)

    本年もよろしくお願い致します。





  • 2019/12/27(金)

    先端的バイオの来年度予算申請をAMEDに提出しました。

  • 2019/12/27(金)

    先端バイオの記事が科学新聞に掲載されました。

  • 2019/12/26(木)

    来年度予算申請を書き上げ、未来センター事務にチェックを依頼しました。

  • 2019/12/26(木)

    3つのタグシステム(PA16tag, RAP16tag, RIEDLtag)先端的バイオの成果として、抗体バンク・タグシステムに登録しました。

  • 2019/12/18(水)

    PMab-237のエピトープ解析の論文がMABにアクセプトされました。
    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 2020

  • 2019/12/2(月)

    先端バイオキックオフ会議 が無事に終了しました。どの代表者の発表も素晴らしい内容でした。

  • 2019/11/15(金)

    PMab-241の論文がPubMedに掲載。

    Takei J, Yamada S, Konnai S, Ishinazaka T, Shimozuru M, Kaneko MK, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0038, 2019 (PDF)

  • 2019/11/14(木)

    PMab-241の論文がMABに掲載されました。

    Junko Takei, Shinji Yamada, Satoru Konnai, Tsuyoshi Ishinazaka, Michito Shimozuru, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0038, 2019 (PDF)

  • 2019/11/11(月)

    12月2日のキックオフの日程変更連絡あり。

    アジェンダ(案)
    12:30 開場
    17:00- 閉会の辞・交流会 (18:30終了予定)

  • 2019/11/5(火)

    写真を撮り直し、支援チームに差し替えを依頼しました。

  • 2019/11/3(日)

    12月2日のキックオフ兼研究者交流会(12/2@よみうり大手町ホール)の資料(要旨と写真)を提出しました。

  • 2019/10/31(木)

    PMab-210のエピトープ解析の論文がPubMedに掲載されました。

    Kaneko MK, Sayama Y, Sano M, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    The Epitope of PMab-210 is Located in Platelet Aggregation-Stimulating Domain-3 of Pig Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0037, 2019 (PDF)

  • 2019/10/31(木)

    PMab-210のエピトープ解析の論文がMABに掲載されました。

    Mika K. Kaneko, Yusuke Sayama, Masato Sano, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    The Epitope of PMab-210 is Located in Platelet Aggregation-Stimulating Domain-3 of Pig Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0037, 2019 (PDF)

  • 2019/10/23(水)

    PubMed掲載。

    Kato Y, Sayama Y, Sano M, Kaneko MK.
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0034, 2019 (PDF)

  • 2019/10/23(水)

    MAB掲載。

    Yukinari Kato*, Yusuke Sayama, Masato Sano, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0034, 2019 (PDF)

  • 2019/10/18(金)

    PMab-233のエピトープ解析の論文がMABに掲載。

    Masato Sano, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    Epitope Mapping of Monoclonal Antibody PMab-233 Against Tasmanian Devil Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., , DOI: 10.1089/mab.2019.0032, 2019 (PDF)

  • 2019/10/16(水)

    PMab-241の続報がMABにアクセプトされました。2019年の40報目を達成しました。先端バイオにおける成果(謝辞記載)の5報目です。

    Junko Takei, Shinji Yamada, Satoru Konnai, Tsuyoshi Ishinazaka, Michito Shimozuru, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 10/15/2019

    先端バイオのサイトビジットが無事に終わりました。良い議論ができました。先端バイオにおける(あるいはAMEDにおける)導出の定義がどうなるかがポイントのようです。

  • 10/12/2019

    早速、先端バイオの成果として4報を登録しました。次々に成果を出していきます。論文には、課題番号のJP19am0401013を謝辞に記載しています。

    Mika K. Kaneko, Yusuke Sayama, Masato Sano, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    The Epitope of PMab-210 is Located in Platelet Aggregation-Stimulating Domain-3 of Pig Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

    Yukinari Kato*, Yusuke Sayama, Masato Sano, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

    Masato Sano, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    Epitope Mapping of Monoclonal Antibody PMab-233 Against Tasmanian Devil Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

    Yusuke Sayama, Masato Sano, Yoshikazu Furusawa, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    Epitope Mapping of PMab-225 an Anti-Alpaca Podoplanin Monoclonal Antibody using Flow Cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 10/1/2019

    本日より事業開始。

  • 09/26/2019

    AMEDのサイトビジットが10月15日(火)午後1時〜2時に再度変更。この日の午後は、念のためにすべてあけておきます。

  • 09/24/2019

    AMEDのサイトビジットが10月15日(火)15:30~17:00に変更。

  • 09/21/2019

    AMEDのサイトビジットが10月15日(火)午後1時半〜3時に決定。

  • 09/07/2019

    キックオフミーティングが12月2日(月)に決定。

  • 09/07/2019

    代表研究者:東北大学 加藤幸成
    2019年度~2023年度

    先端的医薬品等開発における我が国の国際競争力を確保するためには、アカデミアの優れた技術シーズを用いて革新的な基盤技術を開発し、企業における創薬につなげていくことが必要となります。 そこで、本事業では、遺伝子導入技術(遺伝子治療、免疫細胞療法など)、遺伝子発現制御技術(ゲノム編集、核酸医薬など)、バイオ医薬品(抗体、糖鎖修飾ペプチド、中分子など)の高機能化や、創薬周辺基盤技術(ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)、効果・安全性評価、イメージングなど)を開発するとともに、それら要素技術の組合せ、最適化によるバイオ医薬品等に関する強固な技術基盤を形成し、企業導出を目指します。 また、本事業の研究開発課題の推進にあたり、プログラムスーパーバイザー、プログラムオフィサー等の指示の下、本事業を機動的かつ円滑に運営するために必要なスキームの確立も目指します。

    AMEDのホームページにて、採択者の発表。