創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)

  • BINDS

    東北大学では、平成29年度から開始されたAMED・BINDS(創薬プラットフォーム)において、様々な抗体に関するコンサルティングを実施中です。
    代表研究者:東北大学 加藤幸成
    2017年度~2021年度
    課題名:抗体関連高度開発支援と糖鎖細胞工学による高度化



    東北大学が持つ膜タンパク質生産技術および独自の抗体関連支援技術を用い、あらゆる抗体生産に関する支援と高度化を実施する。支援においては抗体関連高度開発支援を実施する。あと一歩で製薬企業に導出できる課題、前臨床試験・臨床試験に供する課題、ハイレベルなサイエンスを目指す課題等を積極的に支援し、プロジェクト全体の成果向上を目指す。依頼者からのすべての相談に対し多角的かつ包括的なコンサルティングを実施する。抗体大量生産支援においては、依頼者からの抗体産生細胞を独自の複数の培養技術から最も産生効率の良い方法を迅速に選び出し、最速で必要量を産生する。抗体遺伝子クローニング支援においては、構造生命科学における立体構造解析やscFv作製の際に必要となるCDR配列の迅速解読を行い、リコンビナント抗体作製や抗体遺伝子改変を実施する。抗体医薬開発を限られた時間と予算の中でシームレスにスピーディーに行うことは喫緊の課題であり、東北大学が実施する支援のメニューに積極的に取り入れていく。高度化では、「cell-based抗体作製技術」を確立し、免疫原作製から抗体作製までの期間を短縮し、効率の良い抗体作製技術を確立する。1次スクリーニングをハイスループットのフローサイトメトリーで実施し、構造認識抗体を確実に捕まえる。また、我が国独自の「糖鎖均一化発現細胞」を樹立し、構造生命科学に限らず、多くのライフサイエンス研究に有用な糖鎖不全株の樹立を目指し、細胞バンクを充実させる。さらに、東北大学が所有するタグシステムの精密化研究を実施し、抗体バンクの維持・運営を実施する。

  • 高度化

    高度化におけるCBIS法の開発についてについて

  • 支援

    平成30年度からの加藤プロジェクトによる支援方針について

  • 細胞バンク

    BINDS-26まで登録済み。

  • 抗体バンク

    500以上の抗体を登録済み。

  • BINDSの文献

    BINDSの謝辞記載のある論文の紹介

  • 支援課題論文

    BINDS支援課題からの論文の紹介






  • トピックス

  • 2020/2/20(木)

    BINDSの支援案件の論文(北大との共同研究)がFront. Vet. Sci.に掲載されました。

    Goto S, Konnai S, Hirano Y, Kohara J, Okagawa T, Maekawa N, Sajiki Y, Watari K, Minato E, Kobayashi A, Gondaira S, Higuchi H, Koiwa M, Tajima M, Taguchi E, Uemura R, Yamada S, Kaneko M, Kato Y, Yamamoto K, Toda M, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
    Upregulation of PD-L1 expression by prostaglandin E2 and the enhancement of IFN-γ by anti-PD-L1 antibody combined with a COX-2 inhibitor in Mycoplasma bovis infection
    Front. Vet. Sci., 7:12. doi: 10.3389/fvets.2020.00012, 2020 (PDF)

  • 2020/2/20(木)

    MABにアクセプトされました。鹿児島大学、微化研との共同研究です。

    Yukinari Kato*, Yuji Ito, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Takuro Nakamura, Yusuke Sayama, Masato Sano, Teizo Asano, Miyuki Yanaka, Saki Okamoto, Saori Handa, Yu Komatsu, Junko Takei, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Antibody–drug conjugates using mouse–canine chimeric anti-dog podoplanin antibody exerts antitumor activity in a mouse xenograft model
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 2020/2/19(水)

    2報の論文がMAB2月号に掲載されました。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 39(1):17-22, https://doi.org/10.1089/mab.2019.0045, 2020, (PDF)

    Sano M, Kaneko MK, Suzuki H, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    Establishment and Epitope Mapping of Anti-Diacylglycerol Kinase Alpha Monoclonal Antibody DaMab-8 for immunohistochemical analyses
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 39(1):1-5, doi: 10.1089/mab.2019.0004.(PDF)

  • 2020/2/10(月)

    EMab-17の論文が掲載されました。

    Junko Takei, Mika K. Kaneko, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Hiroyuki Harada, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    A novel anti-EGFR monoclonal antibody (EMab-17) exerts antitumor activity against oral squamous cell carcinomas via antibody-dependent cellular cytotoxicity and complement-dependent cytotoxicity
    Oncology Letters, https://doi.org/10.3892/ol.2020.11384, 2020, (PDF)

  • 2020/2/8(土)

    Big data science at AMED-BINDS

  • 2020/2/5(水)

    EMab-51の論文をMABのopen accessにしました。EMab-51については、すでにBioLegendに導出していますが、BioLegendではキットとして開発中です。試薬として必要な場合は、いつでもご連絡ください。BINDSの支援として分譲可能です。

  • 2020/1/30(木)

    GloMaxを導入しました。これまでADCCの評価をすべて共同研究者に頼ってきましたが、これからはラボで検討が可能になりました。支援項目にも入れていきます。

  • 2020/1/30(木)

    自分の論文からの新しい引用

  • 2020/1/25(土)

    H2Mab-77(anti-HER2 mAb)の論文をopen accessにしました。

    Itai S, Fujii Y, Kaneko MK, Yamada S, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Chang YW, Handa S, Takahashi M, Suzuki H, Harada H, Kato Y*.
    (*corresponding author)

    H2Mab-77 is a sensitive and specific anti-HER2 monoclonal antibody against breast cancer.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother.,36(4): 143-148, 2017 (PDF)

  • 2020/1/24(金)

    Read New Open Access Research

    以下の3つの論文です。

    Itai S, Fujii Y, Nakamura T, Chang YW, Yanaka M, Saidoh N, Handa S, Suzuki H, Harada H, Yamada S, Kaneko MK, Kato Y.
    (*corresponding author)

    Establishment of CMab-43, a Sensitive and Specific Anti-CD133 Monoclonal Antibody, for Immunohistochemistry.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 36(5): 231-235, 2017 (PDF)

    Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Chang YW, Harada, H, Kato Y*.
    (*corresponding author)

    Establishment of EMab-134, a sensitive and specific anti-epidermal growth factor receptor monoclonal antibody for detecting squamous cell carcinoma cells of the oral cavity.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 36(6): 272-281, 2017 (PDF)

    Yamada S, Itai S, Nakamura T, Yanaka M, Chang YW, Suzuki H, Kaneko MK, Kato Y.*.
    (*corresponding author)

    Monoclonal Antibody L1Mab-13 Detected PD-L1 in Lung Cancers.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., doi: 10.1089/mab.2018.0004, , 37(2), 110-115, 2018 (PDF)

  • 2020/1/21(火)

    支援件数が89件になりました。

  • 2020/1/16(木)

    EMab-134の論文をMABのopen accessにしました。

    Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Chang YW, Harada, H, Kato Y*.
    (*corresponding author)

    Establishment of EMab-134, a sensitive and specific anti-epidermal growth factor receptor monoclonal antibody for detecting squamous cell carcinoma cells of the oral cavity.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 36(6): 272-281, 2017 (PDF)

  • 2020/1/15(水)

    PMab-237_epitopeの論文がPubMedに掲載されました。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020 Jan 14. doi: 10.1089/mab.2019.0045. [Epub ahead of print] (PDF)

  • 2020/1/15(水)

    PMab-237_epitopeの論文がMABに掲載されました。open accessです。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0045, 2020, (PDF)

  • 2020/1/12(日)

    支援件数が86件になりました。

  • 2020/1/12(日)

    抗体バンクを更新しました。ATRX, CD19, CD20, CD44, EpCAM, PODOXL, TERTに対する抗体をたくさん加えました。

  • 2020/1/10(金)

    プレスリリース:すい臓がん細胞の転移を促進するスイッチを発見‐BACH1タンパク質の機能上昇によるがん転移の惹起‐

  • 2020/1/10(金)

    BINDS支援案件の成果(東北大・五十嵐先生)がCancer Researchに発表されました。

    Masaki Sato, Mitsuyo Matsumoto, Yuriko Saiki, Mahabu Alam, Hironari Nishizawa, Masahiro Rokugo, Andrey Brydun, Shinji Yamada, Mika Kaneko, Ryo Funayama, Mamoru Ito, Yukinari Kato, Keiko Nakayama, Michiaki Unno, and Kazuhiko Igarashi
    BACH1 promotes pancreatic cancer metastasis by repressing epithelial genes and enhancing epithelial-mesenchymal transition
    Cancer Research, DOI: 10.1158/008-5472.CAN-18-4099, 2020

  • 2020/1/9(木)

    BINDS支援案件の成果(北大・今内先生)がFront. Vet. Sci.にアクセプトされました。

    Goto S, Konnai S, Hirano Y, Kohara J, Okagawa T, Maekawa N, Sajiki Y, Watari K, Minato E, Kobayashi A, Gondaira S, Higuchi H, Koiwa M, Tajima M, Taguchi E, Uemura R, Yamada S, Kaneko M, Kato Y, Yamamoto K, Toda M, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
    Upregulation of PD-L1 expression by prostaglandin E2 and the enhancement of IFN-γ by anti-PD-L1 antibody combined with a COX-2 inhibitor in Mycoplasma bovis infection
    Front. Vet. Sci.,2020

  • 2020/1/9(木)

    BINDS支援案件の成果(北大・今内先生)がJpn. J. Vet. Res.にアクセプトされました。

    Goto S, Konnai S, Hirano Y, Kohara J, Okagawa T, Maekawa N, Sajiki Y, Watari K, Minato E, Kobayashi A, Gondaira S, Higuchi H, Koiwa M, Tajima M, Taguchi E, Ishida M, Uemura R, Yamada S, Kaneko M, Kato Y, Yamamoto K, Toda M, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
    Clinical efficacy of the combined treatment of anti-PD-L1 rat-bovine chimeric antibody with a COX-2 inhibitor in calves infected with Mycoplasma bovis
    Jpn. J. Vet. Res.,2020

  • 2020/1/8(水)

    支援84件目が入りました。

  • 2020/1/8(水)

    EMab-17の論文がOncology Lettersにアクセプトされました。

    Junko Takei, Mika K. Kaneko, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Hiroyuki Harada, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    A novel anti-EGFR monoclonal antibody (EMab-17) exerts antitumor activity against oral squamous cell carcinomas via antibody-dependent cellular cytotoxicity and complement-dependent cytotoxicity
    Oncology Letters, 2020

  • 2020/1/3(金)

    抗体バンクを更新しました。

     以下の順序に並べ直しています。
    抗ATRX抗体/ 抗CD44抗体/ 抗CD133抗体/ 抗DGK抗体/ 抗EGFR抗体/ 抗HER2抗体/ 抗IDH抗体/ 抗PD-L1抗体/ 抗podocalyxin抗体/ 抗podoplanin抗体/ 抗Tag抗体/ 抗TERT抗体

  • 2020/1/1(水)

    本年もよろしくお願い致します。

  • 2019/12/27(金)

    支援数は合計82件となりました。

  • 2019/12/24(火)

    BINDSの支援課題である今内先生のプロジェクト(北海道大学獣医学)が「2019年農業技術10大ニュース」のひとつに選ばれました。

  • 2019/12/18(水)

    PMab-237のエピトープ解析の論文がMABにアクセプトされました。
    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 2020

  • 2019/12/16(月)

    BINDS2019年会で発表しました。

  • 2019/12/16(月)

    支援の数が80件になりました。

  • 2019/12/12(木)

    支援課題の論文がCancer Res.にアクセプトされました。

  • 2019/12/4(水)

    分子生物学会のフォーラムで発表を行いました。

  • 2019/12/4(水)

    77件目の支援を受け付けました。

  • 2019/11/22(金)

    74件目の支援を受け付けました。

  • 2019/11/19(火)

    第42回日本分子生物学会年会における『BINDSワークショップ(フォーラム)』開催のお知らせ(2019年12月4日)

    AMED創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)では、優れたライフサイエンス研究成果の創出とアカデミアにおける創薬プロセスの促進を目的として、放射光施設や化合物ライブラリーをはじめとする大型研究設備の整備・供用に加え、高難易度のライフサイエンス課題に挑戦するための最先端技術開発を推進している。さらに、こうした研究設備と最先端技術によるアカデミアのライフサイエンス・創薬研究の支援を実施しており、2017年度の開始から2年半の支援実施件数は実に1,700件にのぼる。本ワークショップでは、分子生物学分野における幅広い研究ニーズを踏まえ、BINDS事業を構成する各ユニットの研究開発者から「個体から分子レベルの機能・創薬研究」を支える最先端技術とBINDSにおける最新の成果を紹介する。

    『2F-14 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)ワークショップ: 個体から分子レベルの機能・創薬研究を支援する科学と最先端技術』

    BINDS Workshop: Science and state-of-the art technologies to assist functional and drug discovery researches at the whole-body-to-molecular levels

    ■日 時:12月4日(水)18:30~20:00

    ■会 場:第42回日本分子生物学会年会会場
         第14会場(福岡国際会議場 2階 203)
         (〒812-0032 福岡県福岡市博多区石城町2-1)


    ■オーガナイザー:白井 剛 (長浜バイオ大学)
             植田 正 (九州大学大学院薬学研究院)
             宮川 拓也(東京大学大学院農学生命科学研究科)
             田之倉 優(東京大学大学院農学生命科学研究科)


    ■講演プログラム  18:30      『趣旨説明』
              宮川 拓也(東京大学大学院農学生命科学研究科)


     18:30~18:45 『創薬等ライフサイエンス研究のための相関構造解析プラットフォーム』
               山本 雅貴(理化学研究所・放射光科学研究センター)


     18:45~19:00 『ALKBHファミリー分子による癌のエピトランスクリプトミクス制御』 
               辻川 和丈(大阪大学大学院薬学研究科)


     19:00~19:15 『抗体関連高度開発支援と糖鎖細胞工学による高度化』
               加藤 幸成(東北大学大学院医学系研究科)


     19:15~19:30 『新型PBAT法によるメチローム解析の高度化と支援』
               伊藤 隆司(九州大学大学院医学研究院)


     19:30~19:45 『Drug Target Excavator (DTX)によるVaProSの高度化と創薬ターゲット解析』
               白井 剛(長浜バイオ大学)


     19:45~20:00 『ゲノム・エピゲノム疾患モデル動物』
               畑田 出穂(群馬大学)


     20:00      『まとめ』
               植田 正(九州大学大学院薬学研究院)

  • 2019/11/15(金)

    PMab-241の論文がPubMedに掲載。

    Takei J, Yamada S, Konnai S, Ishinazaka T, Shimozuru M, Kaneko MK, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0038, 2019 (PDF)

  • 2019/11/14(木)

    PMab-241の論文がMABに掲載されました。

    Junko Takei, Shinji Yamada, Satoru Konnai, Tsuyoshi Ishinazaka, Michito Shimozuru, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0038, 2019 (PDF)

  • 2019/10/23(水)

    PubMed掲載。

    Kato Y, Sayama Y, Sano M, Kaneko MK.
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0034, 2019 (PDF)

  • 2019/10/23(水)

    MAB掲載。

    Yukinari Kato*, Yusuke Sayama, Masato Sano, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0034, 2019 (PDF)

  • 2019/10/14(月)

    分子生物学会のフォーラムでの発表要旨を提出。

  • 10/11/2019

    *中間審査結果です。

  • 10/10/2019

    69件目の支援を受け付けました。

  • 10/7/2019

    abcamへ20種類の抗体を発送。BINDSからの導出案件(28~47件目)。

  • 10/7/2019

    BINDS報告会の要旨を提出しました。東北大学は2019年12月16日(月)に発表します。

    【報告会概要】
     日時:2019年12月16日(月)、17日(火)、18(水)
     会場:よみうり大手町ホール
     住所:東京都千代田区大手町1丁目7-1

  • 10/4/2019

    東北大学(代表:加藤幸成)による支援(コンサルティングを含む)件数は68件となっています。

  • 09/17/2019

    東北大学(代表:加藤幸成)による支援(コンサルティングを含む)件数は67件となっています。

  • 09/17/2019

    報告会の概要決定。
     日時:2019年12月16日(月)、17日(火)、18(水)
     会場:よみうり大手町ホール
     住所:東京都千代田区大手町1丁目7−1

  • 09/16/2019

    創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 2019年度BINDS公開シンポジウム 開催のお知らせ

  • 09/12/2019

    東北大学(代表:加藤幸成)による支援件数は65件となっています。

  • 04/27/2019

    *平成31年4月27日現在、東北大学(代表:加藤幸成)による支援件数は48件(内、47件は終了)となっています。






  • 9/6/2018

    創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業『平成30年度BINDS公開シンポジウム』の開催についてにて、<支援の顕著な成果>として、東北大学の成果を発表しました。



    創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業『平成30年度BINDS公開シンポジウム』の開催について

     BINDS(創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム)事業では、研究開発代表者が中核となり、 放射光やクライオ電顕などの最先端の大型研究施設や最新の実験技術を使用して、 関係のみなさまの研究を強力に後押ししています。昨年4月に事業が開始されて以来、支援申請は1100件を超え、その8割以上ですでに支援が進行中です。  今回のシンポジウムでは、この1年間の研究成果の報告を行うとともにに、特別講演として、今年2月にウルフ賞を受賞された東京大学 藤田誠教授、X線結晶構造解析の教科書を書かれたケンブリッジ大学 Sir Thomas Leon Blundell 教授をお招きしています。我が国の創薬・ライフサイエンス研究の現在と、BINDSが進むべき方向を探る4時間、構造解析からゲノム編集、天然物創薬やポスト抗体医薬の最新の研究成果に至るまで、科学の進歩を一気に俯瞰できる貴重な機会です。ふるってご参加ください。

    ■日時:平成30年9月6日(木) 12:30~17:30(開場12:00~)

    ■会場:よみうり大手町ホール( 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1)    

    ■定員:500名  (参加対象者は一般の方々で事前参加登録が必要、参加費は無料)