次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業
(糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業)

  • 糖鎖創薬

    東北大学では、平成28年度から開始されたAMED・次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業・糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業において、糖鎖を狙った抗体医薬開発を実施中です。
    分担研究者:東北大学 加藤幸成(代表:順天堂大学 入村達郎)
    2016年度~2020年度
    課題名:糖転移酵素制御細胞による糖タンパク質発現とがん特異的抗体の開発



    分担研究機関が持つ独自の糖鎖細胞工学技術を用い、糖転移酵素制御細胞による糖タンパク質発現を行い、がん特異的な糖鎖付加による糖タンパク質の立体構造変化を認識する抗体(GpMab)の開発を目的とする。特に分担研究機関では、糖転移酵素制御細胞による糖タンパク質発現と精製を中心に実施し、抗体作製に取り組む。分担研究機関は近年、がん細胞に特異的反応性を示すモノクローナル抗体の作製法(CasMab技術)を開発した。CasMab技術を用いることにより、がん細胞と正常細胞に同一のアミノ酸配列の膜タンパク質が発現している場合であっても、がん細胞のみを攻撃する抗体医薬品を作製することが可能となった。CasMab技術は、がん細胞のみに反応する抗体を高効率に作製する戦略的プラットフォームであり、新規の標的に対する抗体医薬の開発だけでなく、既存の抗体医薬品を副作用のほとんどない抗体医薬品に置き換えることができる。本研究開発においては、CasMab技術をさらに改良し、主としてラットを用いたCasMab技術を確立する。

  • 糖鎖の文献

    糖鎖創薬の謝辞を記載した論文を掲載します。


  • トピックス

  • 2020/2/20(木)

    MABにアクセプトされました。鹿児島大学、微化研との共同研究です。

    Yukinari Kato*, Yuji Ito, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Takuro Nakamura, Yusuke Sayama, Masato Sano, Teizo Asano, Miyuki Yanaka, Saki Okamoto, Saori Handa, Yu Komatsu, Junko Takei, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Antibody–drug conjugates using mouse–canine chimeric anti-dog podoplanin antibody exerts antitumor activity in a mouse xenograft model
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 2020/2/19(水)

    2報の論文がMAB2月号に掲載されました。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 39(1):17-22, https://doi.org/10.1089/mab.2019.0045, 2020, (PDF)

    Sano M, Kaneko MK, Suzuki H, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    Establishment and Epitope Mapping of Anti-Diacylglycerol Kinase Alpha Monoclonal Antibody DaMab-8 for immunohistochemical analyses
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 39(1):1-5, doi: 10.1089/mab.2019.0004.(PDF)

  • 2020/2/10(月)

    EMab-17の論文が掲載されました。

    Junko Takei, Mika K. Kaneko, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Hiroyuki Harada, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    A novel anti-EGFR monoclonal antibody (EMab-17) exerts antitumor activity against oral squamous cell carcinomas via antibody-dependent cellular cytotoxicity and complement-dependent cytotoxicity
    Oncology Letters, https://doi.org/10.3892/ol.2020.11384, 2020, (PDF)

  • 2020/1/30(木)

    糖鎖創薬の2件目の導出に向けて、企業と交渉開始。

  • 2020/1/27(月)

    JBAを訪問し、企業と秘密保持契約を締結し、研究打ち合わせを行いました。

  • 2020/1/27(月)

    千葉大学を訪問し、論文投稿についての打ち合わせを行いました。

  • 2020/1/25(土)

    H2Mab-77(anti-HER2 mAb)の論文をopen accessにしました。

    Itai S, Fujii Y, Kaneko MK, Yamada S, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Chang YW, Handa S, Takahashi M, Suzuki H, Harada H, Kato Y*.
    (*corresponding author)

    H2Mab-77 is a sensitive and specific anti-HER2 monoclonal antibody against breast cancer.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother.,36(4): 143-148, 2017 (PDF)

  • 2020/1/24(金)

    Read New Open Access Research

    以下の3つの論文です。

    Itai S, Fujii Y, Nakamura T, Chang YW, Yanaka M, Saidoh N, Handa S, Suzuki H, Harada H, Yamada S, Kaneko MK, Kato Y.
    (*corresponding author)

    Establishment of CMab-43, a Sensitive and Specific Anti-CD133 Monoclonal Antibody, for Immunohistochemistry.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 36(5): 231-235, 2017 (PDF)

    Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Chang YW, Harada, H, Kato Y*.
    (*corresponding author)

    Establishment of EMab-134, a sensitive and specific anti-epidermal growth factor receptor monoclonal antibody for detecting squamous cell carcinoma cells of the oral cavity.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 36(6): 272-281, 2017 (PDF)

    Yamada S, Itai S, Nakamura T, Yanaka M, Chang YW, Suzuki H, Kaneko MK, Kato Y.*.
    (*corresponding author)

    Monoclonal Antibody L1Mab-13 Detected PD-L1 in Lung Cancers.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., doi: 10.1089/mab.2018.0004, , 37(2), 110-115, 2018 (PDF)

  • 2020/1/16(木)

    EMab-134の論文をMABのopen accessにしました。

    Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Chang YW, Harada, H, Kato Y*.
    (*corresponding author)

    Establishment of EMab-134, a sensitive and specific anti-epidermal growth factor receptor monoclonal antibody for detecting squamous cell carcinoma cells of the oral cavity.
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 36(6): 272-281, 2017 (PDF)

  • 2020/1/16(木)

    第7回研究推進会議に出席。

  • 2020/1/15(水)

    PMab-237_epitopeの論文がPubMedに掲載されました。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2020 Jan 14. doi: 10.1089/mab.2019.0045. [Epub ahead of print] (PDF)

  • 2020/1/15(水)

    PMab-237_epitopeの論文がMABに掲載されました。open accessです。

    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0045, 2020, (PDF)

  • 2020/1/8(水)

    EMab-17の論文がOncology Lettersにアクセプトされました。

    Junko Takei, Mika K. Kaneko, Tomokazu Ohishi, Manabu Kawada, Hiroyuki Harada, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    A novel anti-EGFR monoclonal antibody (EMab-17) exerts antitumor activity against oral squamous cell carcinomas via antibody-dependent cellular cytotoxicity and complement-dependent cytotoxicity
    Oncology Letters, 2020

  • 2020/1/3(金)

    抗体バンクを更新しました。

     以下の順序に並べ直しています。
    抗ATRX抗体/ 抗CD44抗体/ 抗CD133抗体/ 抗DGK抗体/ 抗EGFR抗体/ 抗HER2抗体/ 抗IDH抗体/ 抗PD-L1抗体/ 抗podocalyxin抗体/ 抗podoplanin抗体/ 抗Tag抗体/ 抗TERT抗体

  • 2020/1/1(水)

    本年もよろしくお願い致します。

  • 2019/12/24(火)

    AMED糖鎖創薬におけるユーザーフォーラムで発表を行いました。これが2回目の発表となりましたが、糖鎖創薬における義務を無事に果たしました。

  • 2019/12/23(日)

    第9回 AMED糖鎖創薬プロジェクトユーザーフォーラムにて発表します。AMED糖鎖創薬のプロジェクトにおいては、2回目の発表となります。

  • 2019/12/18(水)

    PMab-237のエピトープ解析の論文がMABにアクセプトされました。
    Sayama Y, Sano M, Kaneko MK, Kato Y*
    (*corresponding author)

    Epitope analysis of an anti-whale podoplanin monoclonal antibody, PMab-237, using flow cytometry
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 2020

  • 2019/11/24(日)

    ***第410回CBI学会講演会のお知らせ***
    「創薬標的としての糖鎖~その機能解明と応用」

    開催趣旨:
     ABO 式やルイス式の血液型を分類する要素として古くから知られている糖鎖は、核酸、タンパク質に続く第3の生命鎖といわれている。糖鎖は、タンパク質の物性改良や標的細胞種の識別、感染やがん化のバイオマーカー、あるいは DDS や薬剤への応用といった点に於いて重要な役割を果たしていることが最近になって明らかにされ、糖タンパク質の構造解析や質量分析技術の進展、モダリティの多様さと相まって、ますます注目度が高まっている。また、平成28年度からは AMED により「糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業」が開始され、さらには、ベンチャー と大手製薬企業間で糖鎖を利用した新たながん治療法に関するライセンス契約が締結されるなど、世界的に糖鎖に関わる研究活動が活発化しており、その機能解明は今後の創薬戦略に大きな影響を及ぼすと考えられる。そこで本講演会では、重要性が増す糖鎖に着目し、特に構造解析や基礎的な部分に焦点を当て、その興味深い点を明らかにし、そのうえで今後の研究進展の方向性を議論する。

    日時: 2019年11月27日(水)13:30-17:40
    場所: 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター(CIC田町)
    1階 国際会議室(東京都港区芝浦3-3-6)≫田町キャンパスマップ
    世話人: 前野恭一(アステラス製薬株式会社 )、近田千春(オープンアイジャパン株式会社)
    安藤尚基(杏林製薬株式会社)
    連絡先: お問い合わせは、下記メールまたはTELにお願いいたします。
    *会場への直接のご連絡はご遠慮ください。
     TEL: 03-6434-0458 (情報計算化学生物学会(CBI学会)事務局)


    プログラム  
    13:30 - 13:35 はじめに
    13:35 - 14:20
    「糖鎖構造解析の基礎とその実際」
    山口 芳樹(東北医科薬科大学)
    14:20 - 15:05
    「MALDI-MSによる糖鎖多様性の解析」
    天野 純子(野口研究所)
    15:05 - 15:50
    「NGLY1 欠損症-その多様な病態発現メカニズムと治療戦略」
    鈴木 匡(理化学研究所)
    <15:50 - 16:05休憩>
    16:05 - 16:50
    「新たなモダリティーとしてのレクチンー薬剤複合体の可能性」
    舘野 浩章(産業技術総合研究所)
    16:50 - 17:35
    「がん特異的糖鎖修飾による構造認識抗体の開発とその臨床応用」
    加藤 幸成(東北大学大学院)

  • 2019/11/15(金)

    PMab-241の論文がPubMedに掲載。

    Takei J, Yamada S, Konnai S, Ishinazaka T, Shimozuru M, Kaneko MK, Kato Y.*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0038, 2019 (PDF)

  • 2019/11/14(木)

    PMab-241の論文がMABに掲載されました。
    Junko Takei, Shinji Yamada, Satoru Konnai, Tsuyoshi Ishinazaka, Michito Shimozuru, Mika K. Kaneko, Yukinari Kato*
    (*corresponding author)

    PMab-241 Specifically Detects Bear Podoplanin of Lymphatic endothelial cells in the Lung of Brown Bear
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0038, 2019 (PDF)

  • 2019/10/23(水)

    PubMed掲載。

    Kato Y, Sayama Y, Sano M, Kaneko MK.
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0034, 2019 (PDF)

  • 2019/10/23(水)

    MAB掲載。

    Yukinari Kato*, Yusuke Sayama, Masato Sano, Mika K. Kaneko
    (*corresponding author)

    Epitope Analysis of an Anti-Horse Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-219
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., https://doi.org/10.1089/mab.2019.0034, 2019 (PDF)

  • 01/01/2019

    本プロジェクトの公式ホームページは立ち上がっていませんが、バイオインダストリー協会が事務局を担当しています。本プロジェクトの内容は完全に秘密事項となっており、唯一、ユーザーフォーラムによって情報が収集できます。

  • 09/12/2019

    糖鎖創薬のトピックスを掲載します。