加藤プロジェクトによる支援方針について

  • 2018/11/24(土)

    東北大学・加藤プロジェクトでは、平成29年度から開始されたAMED・BINDS(創薬プラットフォーム)において、様々な抗体に関するコンサルティングを実施中です。
     PDISの時代と比べ、予算が激減したことにより、2年度目からは新規抗体作製支援のメニューを中止することを決定しました。その他の支援メニューはすべて実施しますが、これまでは無償支援かつAMEDの謝辞のみとしていたところ、今後はすべて共同研究ベース(必要な試薬をご提供頂き、発表の際は共同発表)とします。ある程度の実費負担をお願いすることとなりますが、ご理解の程、よろしくお願い致します。
     コンサルティングの後、PS/POによりBINDSプロジェクトによる支援が妥当と判断された案件については、即座に支援を実施しております。現在までに、東北大学・加藤プロジェクトの47件の案件について、コンサルティングや支援を実施してきました。