地域イノベーション分野のホームページへようこそ

*地域イノベーション分野では、抗体医薬開発を専門とし、
革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業(代表)
橋渡し研究加速ネットワークプログラム・シーズB(代表)
橋渡し研究加速ネットワークプログラム・シーズA(代表)
地域イノベーション戦略支援プログラム(分担)
創薬等支援技術基盤プラットフォーム(分担)
糖鎖利用による革新的創薬技術開発(分担)
革新的がん医療実用化研究事業(分担)
等の国家プロジェクトを運営しています。
科研費による基礎研究、企業との共同研究、創生応用医学研究センター・創薬・探索臨床研究コアセンター内のバイオ医薬プロジェクトにも取り組んでいます。
*来年の4月からの大学院生を募集しています。

  • 2016/9/27(火)

    会議名 : 第89回日本生化学会大会(口頭発表、ポスター発表)
    演題 : CasMab法によるがん特異的抗ポドカリキシン抗体の作製
    発表者 :小笠原諭、藤井勇樹、金子美華、加藤幸成
    期日 : 2016年 9月27日
    会場 : 仙台国際センター、仙台

  • 2016/9/27(火)

    会議名 : 第89回日本生化学会大会(ポスター発表)
    演題 : CasMab法により樹立したLpMab-12抗体はポドプラニンの活性中心の糖鎖構造を認識する
    発表者 :金子美華、小笠原諭、藤井勇樹、加藤幸成
    期日 : 2016年 9月27日
    会場 : 仙台国際センター、仙台

  • 2016/9/27(火)

    会議名 : 第89回日本生化学会大会(口頭発表、ポスター発表)
    演題 : 変異型IDHに対する高感度特異的抗体の樹立
    発表者 :藤井勇樹、小笠原諭、金子美華、加藤幸成
    期日 : 2016年 9月27日
    会場 : 仙台国際センター、仙台

  • 2016/9/26(月)

    会議名 : 第89回日本生化学会大会(シンポジウム)
    演題 : Development of cancer-specific monoclonal antibodies against glycoproteins
    発表者 : Yukinari Kato
    期日 : 2016年 9月26日
    会場 : 仙台国際センター、仙台

  • 2016/9/25(日)

    会議名 : 第89回日本生化学会大会(ポスター発表)
    演題 : ウサギポドプラニンに対する特異的モノクローナル抗体の樹立
    発表者 : Ryusuke Honma, Satoshi Ogasawara, Yuki Fujii, Mika K. Kaneko, Michiaki Takagi, Yukinari Kato
    期日 : 2016年 9月25日
    会場 : 仙台国際センター、仙台

  • 2016/9/16(金)

    PMab-38 (anti-canine PDPN mAb)の論文がアクセプトされました。
    PMab-38 recognizes canine podoplanin of squamous cell carcinomas. Mika K. Kaneko, Ryusuke Honma, Satoshi Ogasawara, Yuki Fujii, Takuro Nakamura, Noriko Saidoh, Michiaki Takagi, Yumiko Kagawa, Satoru Konnai, Yukinari Kato. Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 2016/9/16(金)

    AMab-6 (anti-ATRX mAb)の論文がアクセプトされました。
    Establishment of Anti-Human ATRX Monoclonal Antibody AMab-6. Satoshi Ogasawara, Yuki Fujii, Mika K. Kaneko, Hiroharu Oki, Hemragul Sabit, Mitsutoshi Nakada, Hiroyoshi Suzuki, Koichi Ichimura, Takashi Komori, Yukinari Kato. Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., in press

  • 2016/9/12(月)

    東北大、阪大、金沢大からのプレスリリースです。
    東北大学東北大学医学部金沢大学大阪大学蛋白研

  • 2016/9/10(土)

    抗HGF抗体のプレスリリースです。

  • 2016/9/9(金)

    サイエンティフィック・リポーツのon lineに掲載されました。
    Umitsu M, Sakai K, Ogasawara S, Kaneko MK, Asaki R, Tamura-Kawakami K, Kato Y, Matsumoto K, Takagi J.
    Probing conformational and functional states of human hepatocyte growth factor by a panel of monoclonal antibodies.
    Scientific Reports,6, Article number: 33149

  • 2016/9/7(水)

    MsMab-2の論文がon lineに掲載されました。
    Hayashi A, Misumi K, Shibahara J, Kokudo N, Kato Y and Fukayama M.
    Immunohistochemistry Using Monoclonal Antibody MsMab-2 Is Useful to Detect IDH1 R132L in Intrahepatic Cholangiocarcinoma.
    Pathology international, DOI: 10.1111/pin.12459

  • 2016/8/27(土)

    LpMab-19の論文が掲載されました。
    Ogasawara S, Kaneko MK, Kato Y*
    LpMab-19 Recognizes Sialylated O-glycan on Thr76 of Human Podoplanin
    Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother.,DOI: 10.1089/mab.2016.0031 (PDF)

  • 2016/8/26(金)

    MsMab-1論文のcorrecetd proofがon lineで掲載されました。
    Kitago. et al,
    Structural basis for multi-specific peptide recognition by the anti-IDH1/2 monoclonal antibody, MsMab-1
    Biochemical and Biophysical Research Communications, http://dx.doi.org/10.1016/j.bbrc.2016.08.110

  • 2016/8/23(火)

    HGF抗体の論文(大阪大学、金沢大学との共同研究)がサイエンティフィックリポーツにアクセプトされました。

  • 2016/8/20(土)

    MsMab-1の続報(大阪大学との共同研究)がon lineで掲載されました。
    Kitago. et al,
    Structural basis for multi-specific peptide recognition by the anti-IDH1/2 monoclonal antibody, MsMab-1
    Biochemical and Biophysical Research Communications, in press

  • 2016/8/18(木)

    MsMab-1の続報(大阪大学との共同研究)がアクセプトされました。
    Kitago. et al,
    Structural basis for multi-specific peptide recognition by the anti-IDH1/2 monoclonal antibody, MsMab-1
    Biochemical and Biophysical Research Communications, in press

  • 2016/8/18(木)

    HMab-2の続報(名古屋大学との共同研究)がアクセプトされました。
    Yamamichi A. et al.,
    An immuno-wall microdevice exhibits rapid and sensitive detection of IDH1-R132H mutation specific to grade II and III gliomas.
    Sci Technol Adv Mater., in press.

  • 2016/8/17(水)

    MsMab-2の続報(東大病理学との共同研究)がアクセプトされました。
    Hayashi et al., Immunohistochemistry Using Monoclonal Antibody MsMab-2 Is Useful to Detect IDH1 R132L in Intrahepatic Cholangiocarcinoma. Pathology international, in press.

  • 2016/8/1(月)

    LpMab-19の論文がアセクプトされました。
    Ogasawara S, Kaneko MK, Kato Y. LpMab-19 Recognizes Sialylated O-glycan on Thr76 of Human Podoplanin. Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother.,in press

  • 2016/8/1(月)

    橋渡し研究加速ネットワークプロブラム・シーズBに採択されました。


一覧はこちら
  • 2016/8/20(土)

    大学院生を募集中です。